えんたくりっぷ

-国内・海外のエンタメ情報まとめサイト-

『まれ』の浜辺美波が『あの花』でめんま役!その実力とは

   

hamabe-minami

 

 
スポンサードリンク
 

浜辺美波は『あの花』めんま役にふさわしい? 女優としてのポテンシャルを検証

深夜アニメが市民権を獲得するほど、圧倒的な支持を集めたのが、2011年の春クールに放映された『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』である。一昨年公開された劇場版も異例の大ヒットを遂げ、あらゆる世代から受け入れられた大きな所以は、幅広い世代のノスタルジィを刺激する描写の数々と、岡田麿里の脚本によって紡ぎ出された登場人物たちの設定と台詞の巧さによって、作品としてあまりにも充実しているからに他ならない。

この岡田麿里という脚本家は深夜アニメから児童向けアニメ、さらには愛知万博の公式OVAなど幅広いジャンルにおいて才能を発揮している、当代随一の脚本家であることはいうまでもない。現に、この『あの花』と同じクールに、『花咲くいろは』という大傑作を生み出しているのだから、あえてその才能の豊かさについて説明する必要もない。この秋には、すでに上映が始まっている人気児童アニメの映画版である『映画かいけつゾロリ うちゅうの勇者たち』と、『あの花』でも組んだ長井龍雪監督とタッグを組んだ『機動戦士ガンダム』シリーズの新作、そして映画『心が叫びたがってるんだ。』が控えている。

その『心が叫びたがってるんだ。』の公開に合わせ、ついに『あの花』が実写化されるというニュースが飛び込んだときには、ネット中に衝撃が走った。そしてもちろん、アニメや漫画の実写化に付き物である、キャストに関しての意見も多々見受けられたものである。とくに、この物語の要となる「めんま」を演じる浜辺美波に良くも悪くも注目が集まっていることはいうまでもない。

放映中の朝の連続テレビ小説『まれ』で池内博之の娘役を演じた彼女は、まだそれほど知られている存在ではないであろう。2011年に行われた第7回東宝シンデレラオーディション(上白石姉妹や山崎紘菜を輩出した年)で、ニュージェネレーション賞を獲得し、三木孝浩監督が手掛けたショートフィルムに出演したあとも、いくつかのドラマやCMなどに出演。今年の4月に公開された『エイプリルフールズ』で、寺島進演じるヤクザ者の男に連れまわされる少女を演じたのが、これまでで一番印象的な役柄であろうか。そんな15歳の、まだまだ未知数な彼女が、「めんま」という誰もが注目せずにはいられない大役に抜擢されたのである。

岡田麿里アニメのヒロインというと、『true tears』の3人のヒロインに代表されるような、男性視点から見ると難しいタイプと言わざるを得ないタイプが多い。単に複雑な心理状態というよりも、『心が叫びたがってるんだ。』の成瀬順も同様に、観客や相手役の男性キャラは、ヒロインのわずかな言葉と些細な動きから、心の中を読み取らなければいけないという、とても二次元ヒロインとは思えないほどの現実味を持っているのである。少なからず、「めんま」こと本間芽衣子もまた同様に、一見するとまだまだ幼さの残る少女でありながらも、友人思いで、自身の死を理解し、そしてすぐ泣く。唯一彼女を見ることができる主人公「じんたん」が、彼女の考えを仲間たちに伝えるためには、彼女の所作が極めて重要になる。それだけでなく、幼い頃に亡くなった精神年齢のまま、見た目は成長しているというファンタジーが、よりこのキャラクターを複雑化させており、この芝居を為すためには計り知れないほどの技量が必要とされるのではなかろうか。

そんな複雑な役どころを、まだキャリアの浅い彼女で果たして大丈夫なのか。前述の通り、「めんま」の演技に涙は欠かすことができない。しかし、演技において泣くことは決して難しいことではない。それ以上に、演技で笑うことのほうが難しいのである。それでも、すでに公開されている予告編で見ることができる、彼女の表情は、無垢で愛らしい笑顔を浮かべている。演技力というよりは、自然に彼女が持ち得ている表情の比重が大きく感じるが、それは子役から成長していく過程である今だからこそ許される芝居である。その芝居を軸にして、あとは彼女自身がこれまで培ってきた基礎的な演技力がどこまで発揮されるかが、大きな課題となるであろう。少なくとも、現在の10代前半の女優の中で、最も期待されている人材であると考えて間違いないだけに、今回のドラマがひとつの試金石となる。

気になるところは、岡田麿里から替わってドラマ版の脚本を手掛けた、いずみ吉紘の手腕に委ねられている部分が大きいということだ。正直なところ、同じようにリメイクドラマの脚本という点では長澤まさみ版『セーラー服と機関銃』という悪くない作品を手掛けた実績は評価できるが、『らんま1/2』と『デスノート』を思い起こすと少々不安が残る。

あとは周りのキャスティングも重要である。主人公格の「じんたん」を演じるのは、村上淳とUAの息子で、『2つ目の窓』での鮮烈なデビューも記憶に新しい村上虹郎。またD-BOYSのメンバーである志尊淳や、高畑淳子の長男である高畑裕太、モデルとしても活躍する松井愛莉と飯豊まりえ。彼ら5人と浜辺美波で、「超平和バスターズ」を演じるというわけだ。オリジナルファンからの賛否両論は確実にあるであろうが、若手役者をチェックする上では外せないドラマになるのではないだろうか。

引用元:リアルサウンド

 

 

 

 

壁|౪•`) 。o(演技はともかく、見た目は結構あってると思う)

最後までお読み頂きありがとうございます!

このブログに貴重なお時間を使って頂いて、とても嬉しいです。

この記事が面白かった・役に立ったという方は、是非ツイッターやフェイスブックでシェアしてくださいね!

また、ブログランキングにも参加しましたのでクリックしてもらえると喜びます。

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村

それではまた是非遊びに来て下さい!ありがとうございました!

 

 - 国内エンタメ

Top